腰痛

腰痛の約90%が骨盤の歪みからきているのか?!

 

これは、人間が2足歩行を始めたことによる不具合が仙腸関節(仙骨と腸骨を結ぶ関節)にストレスを与え歪みを起こさせる。

 

この関節はほんの10年ほど前までは西洋医学の定説では不動関節(動かない関節)として解剖学の教科書にも載っていたほどである。したがって整形外科ではまず診ない関節である。

 

 

カイロプラクティックや整体がこの関節が腰痛との関わりが一番深いと20年も前から言われていたので、この関節へのアプローチの仕方や関節の動く方向へのアタックにおいて腰痛は緩和され、脊椎へも影響を及ぼし、自然治癒力を向上させ治癒していく。

 

 

ここで、一つ注意したいことは『痛い』は痛い部分が悪いのではないと言うことである。

 

『痛い』は単なる結果に過ぎないのである、必ず原因が存在するはずである。

 

『痛い』は全て脳からの指令で痛みを出していると言うことである。

 

腰痛といっても仙腸関節が悪いのか?腰椎が悪いのか?もしくは頸椎が悪いのか?

 

様々な検査をして本当の原因を探り、痛みの原因を正さなければ痛みは消えない、

従って、検査をしない整体やカイロプラクティックは本物ではない!

 

などと、突然にブログを更新してみる。

もう三月か、、、早いな。。

カテゴリーBlog