腰痛

腰痛の約90%が骨盤の歪みからきているのか?!

 

これは、人間が2足歩行を始めたことによる不具合が仙腸関節(仙骨と腸骨を結ぶ関節)にストレスを与え歪みを起こさせる。

 

この関節はほんの10年ほど前までは西洋医学の定説では不動関節(動かない関節)として解剖学の教科書にも載っていたほどである。したがって整形外科ではまず診ない関節である。

 

 

カイロプラクティックや整体がこの関節が腰痛との関わりが一番深いと20年も前から言われていたので、この関節へのアプローチの仕方や関節の動く方向へのアタックにおいて腰痛は緩和され、脊椎へも影響を及ぼし、自然治癒力を向上させ治癒していく。

 

 

ここで、一つ注意したいことは『痛い』は痛い部分が悪いのではないと言うことである。

 

『痛い』は単なる結果に過ぎないのである、必ず原因が存在するはずである。

 

『痛い』は全て脳からの指令で痛みを出していると言うことである。

 

腰痛といっても仙腸関節が悪いのか?腰椎が悪いのか?もしくは頸椎が悪いのか?

 

様々な検査をして本当の原因を探り、痛みの原因を正さなければ痛みは消えない、

従って、検査をしない整体やカイロプラクティックは本物ではない!

 

などと、突然にブログを更新してみる。

もう三月か、、、早いな。。

ビーチサンダルは腰痛にご注意を!!

暖かい日差しを感じると、そろそろビーチサンダルの季節だと息巻いて裸足でビーチサンダルでコンビニ行ったら足の指先が冷たくて後悔しました・・・。

朝は6時に起きるえじりです。

 

ビーチサンダル

夏になるとサンダル履きが増える、毎年の事だけどサンダルは身体に悪い!!

半年をビーチサンダルで過ごす僕が言うのも可笑しいかもしれないけれど、サンダルは身体に悪いのだ、ビーチサンダルよりも鼻緒のないサンダルはもっと身体に悪い。

 

その理由はというと・・・

 

かかとをするように歩く習慣がついてしまうから、かかとはつくもので、するものではない。

 

かかとをする歩き方をすると大腰筋を使わずに歩く歩き方になるのです。

それと、ソールのクッションがない事で足首が捻挫状態になる。

 

 

僕がそうだったから間違いない!

なぜ股関節がいたくなるの?

なぜ畳のへりにつまずくの?

足首の動きが悪くなってる!?

あ・・あ・・・お尻疲れた・・・!

 

これ、僕がビーチサンダルを履いているとなる症状です。

 

 

整体師のくせにれがビーチサンダルが原因だと気がつくのに2年かかった。

 

そこから、ビーチサンダルを履いて身体を壊さないかの自己研究が始まった訳です。

 

 

今の一番いい方法は鼻緒をちゃんと指で挟む感覚を持つ事、それと同時に足の指でしっかりと地面を掴む感覚を持つ事。

 

・・・普通の事ですね・・・

 

しかし、ビーチサンダルを履いてかかとをずりながら歩いていると、せっかく裸足なのに指で地面を掴む感覚を忘れてしまう。

 

これって実は靴を履いていても同じなんですよね。

 

指で地面を掴む感覚って靴を履いているともっと分かりにくいので意識して行わないといけないのです。

 

でもね、一つ注意しないとけない事は足の指、いわゆるつま先を意識しすぎるとつま先荷重になりすぎる傾向があります、ですから立つ時はかかと荷重、歩く時はつま先で地面を掴む。

 

これで踵からつま先まで使って歩ける。

 

少し前に流行った4スタンス理論でつま先荷重やかかと荷重、内側荷重に外側荷重と言われていますが、それは癖の話であって、身体の構造的な話じゃない。

人間の身体の構造的にどこに重心があるのが一番重要なのか?

 

知ってるのは整体師だったりします。

構造的な事と癖的な事、それぞれ考える必要がある事です。

 

これからビーチサンダルと履く機会が増えると思いますが、腰痛にはご注意を・・・。

 

でも、雪駄を粋に履きこなす日本人もかっこいいですよね。

 

同じ鼻緒のついた履物でも、下駄はつま先荷重になりにくい履きものなんです。

◆からだ工房  フミユ 名古屋◆
TEL : 0561-62-7770
受付時間
9:30〜20:00
定休日
日曜日・祝日
住所
愛知県長久手市喜婦嶽1408番地
ヴィラカスミ2-105
アクセス
Linimo(リニモ)杁ヶ池公園駅より徒歩5分
地図

エイプリルフール

今日はエイプリルフール。

子供の頃の思い出はというと、どーしょもない嘘をついて怒られた記憶しかない。

 

そんなエイプリルフール・・あなたはどんな思い出がありますか?

 

昨日のことですが、自分で主催する技術セミナーのことをいうのもおこがましいですが、「ストレートネック」についての講義をしました。

話しながら、僕たち整体師ができることの再確認をすることができて、自分自身でもとても勉強になりました。

 

ストートネックで悩んでいる方

大切なことはバランスと身体の重心です。

 

現代病になりつつあるストレートネック・・・病気ではありませんが辛い症状が続きます。

けして無理しすぎないことが重要です。

 

つらい症状を我慢してる方がいらしたら、相談だでけでもしてくださいね。

あっ・・ストレートネックのお話はエイプリフールじゃないですよ!!

桜咲く

そろそろ名古屋の桜も咲き始めたでしょうか。

からだ工房フミユから一番近い地下鉄の駅、藤が丘駅の桜並木はけっこう凄い。

桜のトンネルができる。

昼間の明るいときも素敵だけど、夜の桜も素敵です。

 

ちょっと遠周りしてでも通りたい道がある。

 

春の藤が丘駅は素敵な通りになりますよ。

腰痛に最適な季節

春になると腰痛の季節とよく言われます・・・。

日本人の腰痛に悩まされている人口は3000万人とも言われ、病院に来院される患者さんの大1位が腰痛なのだそうです。

そんな腰痛。

 

春が最適な季節な理由は、春は腰椎(腰の骨)が不安定になるからなのです。

季節で身体が変化をするのはいろんな理由があるのですが、人間も動物ですので春にぎっくり腰や腰痛がひどくなるのはそれが理由です。

 

そんな腰痛の季節の春に腰痛を治す。

僕はとても効果的だと思います、冬の緊張の季節から春のほんのすこし心も体も緩む季節だからこそできる治療法がある。

 

仙骨と後頭骨からアプローチして腰椎の可動を変える事。

そして、緩み始めた筋肉や靭帯にもほんのすこしのストレスと活力を与えてバランスを整える。

 

どこが悪いかを治療するのではなくて、何が悪いかを見つけて治療する、これが重要だったりする。

 

痛みを取る方法は沢山ある。

それで良いのだったら痛み止めを飲んでしまうのが一番早い・・・。

 

でも、それじゃあ人間の身体は本来の元気な身体にならない、心も同じ。

 

だから元気になるための治療や施術が必要です。

 

長久手市の街の整体屋は思います。

 

お問い合わせやご質問があればいつでもどうぞ。

からだ工房フミユ えじり

何十年に一度の寒波ですか・・。

1月も中旬をすぎて一気に寒さが増してきたと思ったら何十年に一度の寒波が襲来などとテレビのニュースで報道されています。

九州や沖縄でも雪が降ったなどと・・・・。

それを聞いただけど急に寒くなる。

そんな時は肩こりも酷くなります。
寒さによる緊張で上部僧帽筋が萎縮するだけでなく、全身の筋肉が寒さによって硬くなる。

これの何がいけないのかと言えば、筋肉の仕事として血流を促す仕事をしているのですが、この仕事の効率が下がるのです。
俗に言う血行が悪くなるってやつです。

寒くなると血行が悪くなるのは身体でわかるけど、身体のなかでどうなってるか分からないから解消の仕方が分からない。
この場合、温めるのは二番目に効果的な方法で一番効果的な方法は筋肉の緊張を解いて筋肉にしっかりと仕事をさせるという事です。

筋肉に仕事をさせる方法・・・
色んな方法がありますが、筋肉の活性に一番やっちゃいけない事はマッッサージです。

そう!
マッサージは筋肉を活性させないのです。
マッサージとストレッチは筋力を低下させる。

マッサージ屋さんがなかなか教えてくれない事の1つです・・・。

では、どうやって筋肉の活背をするのか?
それは整体屋に聞いてくださいませ。

ヒントは筋細胞を壊さないことが重要です。

スマホの写真アルバムは

スマホの写真アルバムは今の自分の生活スタイルを反映する。
そんな気がするのですが・・・。

僕のここのところのスマホの写真アルバムは食べ物の写真ばっかりになってる。
そりゃあなかなか身体の数字的なモノはよくなりませんよ。

しかもその食べ物は茶色いモノばかり。
決していろんな色で華やかな食べ物じゃない・・・。
ちょっと並べてみましょうか。

食べる事は大好きだけど、もう少し何を食べるか考えよ・・・。

五月です。

ゴールデンウィークです。
連休は天気がいいと嬉しいなと思っております。

今年のゴールデンウィークは暦通りのお休みさせていただきます。

5月3日〜6日までお休みさせていただきます。

あなたは連休はどう過ごす予定ですか?
僕は久しぶりに東京に行ってきます。

遊び半分、勉強半分といったところでしょうか。

遊びだけで行けない貧乏性です・・・。

楽しく素敵なゴールデンウィークをお過ごし下さい。

IMG_9661

入学式も終わりました。

入学式や入社式など終わって新年度もスタート完了って感じです。
この時期は環境の変化や人間関係の変化などで、いつも以上に心理的ストレスが増える時期です。

気候の変化も相まって自律神経も乱れやすくなります。

実は、そんな時は整体などの身体のケアでストレスによる不調が解消するんです。

そのためのテクニックなんかもたくさんあったりします。

何だかココロもカラダもすっきりしない・・・
心療内科などに行く前に近くの整体師・セラピストに相談することもいいですよ。

もしかしたらあなたをハッピーにするためのお手伝いができるかもしれません。

子供のために
家族のために
・・・それが一番のお母さん。

自分のカラダとココロがHappyじゃなかったら家族も子供も笑顔にならない・・・。
僕も患者さんのために・・・と言いながら東京で遊んじゃったりして自分のHappyも手に入れております。

人間に一番必要なこと。
喰う
寝る
遊ぶ

当たり前のことが当たり前にできる幸せ。

時代がものすごいスピードで変わるけど、人間にとって、あなたにとって本当に重要なこと必要なことは変わらないはず。

もーすぐハールですねぇ〜!

ちょっと気取ってみませんか〜!

週末の春の日よりでそんな歌を口ずさみながらお散歩したい!!
心地よい季節になりました。

本当にちょっと気取ってみませんか?

いつもよりもほんのちょっとだけオシャレして。
いつもよりもほんのちょっとだけ凛と背筋を伸ばして。
いつもよりもほんのちょっとだけ一歩を大きくして。

いつまでも冬眠してたらダメですよ!!

春の芽吹きのちっと苦い大人の味がする旬もものを食べると内臓が壊れるので、その修復のためにも代謝を活発にすることも必要です。

だからちょっと気取って外に出よう!!

って言いながら今日は寒くて冬眠に逆戻りでしたが・・・。

三寒四温

あったかくなったり寒くなったり、気温の変化の激しい時です。
身体の中の破壊も激しい時です。

体調には気をつけて、素敵な春を楽しみましょ〜!

僕はそろそろ海に入りたいけどまだまだ水は冷たいだろうな・・・。

IMG_4248

花粉症なのかな・・・いや違う!

この数日ですが、くしゃみがとても多い。
これってもしかしたら花粉症!?
自分では絶対に花粉症とは認めないけど。

この時期になるとご挨拶代わりに今日は花粉がたくさん飛んでますね・・。
などと挨拶をする。

テレビの天気予報でも花粉の量を可愛い絵にしてお知らせしてくれる。

僕にとってはとってもご迷惑。

だって花粉症になっちゃうじゃん!!
って思うのであります。

病は気からではなくて、知らなくてもいいことだってあるのだよ。

花粉症はアレルギーです。
ってことは身体の免疫機能の問題である。
花粉とういう身体にとって何も悪さをしないものを敵だと勘違いして追い出そうとする。
それが花粉症。
大まかに言うとね。

だから、花粉症は免疫機能の改善が必要なのだけど人間の身体の免疫機能ってとってもすごい機能なのでちょっとやそっとじゃ難しい。

ではどうするればいいのか!?
アレルギー反応と密接に関係しているのは僕は自律神経だと思う。
だから、自律神経「交感神経と副交感神経」のスイッチの入れ替えをしっかりとできるようになることが一番重要です。

だからこの時期だけでも整体やカイロプラクティックは有効なのだと僕は言います。
だって整体屋さんだもんでね。

冗談はさておき、なんでもかんでも整体やカイロプラクティックの技術でよくなることはないですが、この時期の身体の不調は整体屋は得意です。

なんとも言えない身体の不調があるときは近くの整体屋さんに相談してみてください。

よろしければ僕に相談してもらってもいいですよ。

芽吹きの季節になります。
少しでも体調を良くしてHAPPYな春を迎えましょ。

腰痛だって立派な病気!?

病院にかかる人で肩こりや腰痛の人ってどれくらいいるか知ってます?
けっこう多いんですよ。

ってことは、肩こりや腰痛だって立派な病気ってことになるのかな。

それに、肩こりや腰痛は病院では治してくれない・・・
接骨院でも実は肩こりや腰痛の治療はしたらダメ。

じゃあ慢性的な肩こりや腰痛はどうしたらいいのか!?

マッサージ屋さんに自費で行くしかないのよ〜。
だから整体屋さんに患者さんがくるのよ〜。

肩こりや腰痛の慢性的な痛みに関しては治療してくれるところが日本にはない!
というよりも、世界的に見て肩こりや腰痛が慢性的にある国は少ない、実際にアメリカでは肩こりとか腰痛などという単語はないはず。

以前のブログにも書いたと思いますが、肩こりの概念がない。
今はあるそうですが・・・きっとコンピューターや姿勢のもんだと思いますが。

僕たち整体屋さんにとっては慢性的な肩こりや腰痛は立派な病気。

だから、真剣に向き合うのです。
それが僕の仕事。

ココロとカラダに必要な事

本当にココロとカラダに必要な事

なんだと思います!?

栄養?
休息?
睡眠?
癒し?
娯楽?
恋人?
家族?
整体?
マッサージ?
エステティック?
衝動買い?

色々と細分化していくとあーだこーだありますが
もっとも重要なことは

喰う・寝る・遊ぶ

これに尽きるでしょ。
この三つのことって本能に直結することでもありますし
人間が人間らしくあるために一番必要なことじゃないかな。

どんなに忙しくてもこの三つを忘れない人は絶対に病気にならん!
絶対に!!

仕事しないと金欠病っていう癌よりも怖い病気になりますが・・・。

どんな仕事でもいいので仕事をして、それなりのストレスを身体に与えることも必要です
そして、喰う・寝る・遊ぶ!!

それがしっかりできるようだったら多分、整体屋の仕事はいらなくなる。
うん。
本当は整体屋の仕事は無くなることが一番理想的。

そんなことを言いてますが
痛みを取る技術
身体を整えるテクニック
笑顔にする話術

誰にも負けない自信がある。

って自分のケツに火をつける。

欧米人に肩こりの概念がない??

テレビを見ていたら、そんなことがクイズになっていました。

欧米人には肩こりの概念がない、言葉がない、何それ??ってなると言われていた。

 

なんだかな・・・

僕のところには日本語は全く話せないアメリカ人が治療に来ます。

しかも、肩こりです。

「バックペイン」「ショルダーペイン」としきりに言います。

英会話は全くできない僕ですから分かり易くいってくれているとは思いますが、完全に肩こりん症状を訴えてこられます。

 

肩が凝って、首が痛くて、頭も痛くなる。

っていうジェスチャーをしてくれます。

 

そのテレビの問題はもう20年位前のことじゃないかな。

だって僕が整体、カイロプラクティックの勉強を始めた頃に教えてもらったことだ。

だから、整体とカイロプラクティックは違うのだと。

 

整体とカイロプラ日ティックの違い分かります!?

患者さんに聞いたら分からないのは当たり前だけど、治療家(整体・カイロプラクティック

)って看板出してる人に聞いてわからなかたら怖いね。

 

あなたの通ってる治療院の先生に聞いてみてください、この二つ決定的に違うことがあるんです、同じようなもんですよ!ってごまかされたら疑ってくださいね。

忘れてた捻挫

多くの人が子供の頃にした捻挫

運動してたりした人のほとんどは経験があると思います。

 

患者さんにカイロテーブルにうつ伏せになってもらった時に

治療家さんが必ずする足の長さのチェックと骨盤の歪みのチエック。

 

僕も必ずしますが、それと一緒にみるのが足首の角度です。

ほとんどの人が左右で少し違う足首の角度。

 

まあ、左右が同じじゃないといけないなどとナンセンスな答えは無しとして・・・

 

この足首の角度の違いがどこからきているのだろうか!?

ってことが重要ですね。

 

いろんなチェックをしながら、今までの身体のこと、怪我のこと、カルテには書いてないことをいっぱい聞いていきます。

 

するとやはり、子供の頃にした捻挫・・・もう何十年も前にした捻挫の記憶。

 

それが出てることもしばしばある。

 

この足首の歪みをなおす事ってとっても重要だと僕は考えています。

重要じゃない身体の部位なんて無いんだけどね。

でも、ついつい見落としてしまう歪みの箇所、しかも身体のバランスに大きく関係している。

 

足首の矯正もパキッてする。

必要か必要じゃないか?

動く範囲を広くしたい時には必要なことなんじゃないかな。

 

足首もそうだけど、足の指も動きが悪くなるこの寒い時期。

 

しっかり動かしてあげましょ!

ただ・・・痛いけどね。

 

忘れてた捻挫のおかげで身体のバランスが崩れて腰や肩、首が悪くなることもあるんですよ!!って話がしたかっただけです。

もうすぐ節分って事はギックリ腰の季節かな。

もうすぐ節分。

お正月。
鏡開き。
七草粥。
節分。
ひな祭り。

日本はいつでもイベントいっぱいですね。

アレヨアレヨいう間に季節は過ぎてることも多い。
大人になると余計に一年が早い。

昔の人が1年の計は元旦にあり!
とかいうのを聞いて、子供の頃にはそんなことはないと思っていたけど、ちょっと大人になったらそれなりにわかる気がする。まあ意味をはき違えてるかもしれないですが・・・。

そんなことよりも、なぜ大人になると月日が流れるのが早くなるのでしょうか?
以前、何かの本で読んだのか、子供の頃はまだ経験が浅く新しい発見がたくさんある、だから好奇心を刺激されたことをもっと聞きたいと、知りたいろ脳みそがたくさん動く、だから月日の経過が長く感じられるが大人になると経験から、好奇心を刺激されることが少なくなり、脳みその刺激が減ることにより月日の流れが早く感じられると聞いたことがある。
詳しく説明するととても長くなりそうなのでちょっと割愛します。

このところ、年齢を感じることが増えてきた・・・
いつまでも若いですよと脳みそに信じ込ませる健康法で今年も1年乗り切ろうと企んどります。

もう少ししたら、ギックリ腰が増える季節です。
そろそろ注意も必要です。

気をつけてくださいね。

えじり